迷える子羊が読んだ本

人生に迷った時読んだ本の紹介

一生断られない営業法には「魔法の一言」がある

こんにちは!メイです!

 

今回は前ソニー生命に勤められていた
牧野克彦さんが書いた本をご紹介します。

 

 一生断られない営業法―世界トップ営業が明かす“魔法の一言”で、100の出会いが100のチャンスに変わる!

 

 

 

同じ商品をセールスしていても
売り上げを上げる人とそうでない人っていますよね?

 

その差って何だろう?って思いません?

 

 

「一生断られない営業法」では
売り
込みはしません 

 

お客様からの断りを出さない

「魔法の一言」と「簡単な仕組み」だけ。

 

 

その魔法の一言とは

確認の一言

 

今すぐ商談に入って良いお客様か?それとも
将来の見込み客としてフォローするお客様か?
意思を確認するために使う一言なのである。

 

 

どうして「確認の一言」を使うとお客様から断られないの?

 

「私は今、こんな思いで〇〇の仕事をしています。
こんな私の事を〇〇さん(お客様の名前)は今必要ですか?」

 

たったこれだけの言葉だけれど、
「今必要ですか?」と尋ねられたお客様の答えは2つしかありません。

 

 

「今必要です」か
「今は必要ありません」のどちらか

 

 結果、どちらの答えも断られていない

 

どちらの答えになったとしても
完全に関係が断ち切られるという
事にはならないからです

 

 

出会ったお客様の数と契約になるお客様の数の割合は、
「売れる営業」「売れない営業」で、そんなに変わりはない

 

「将来の見込み客」がどれだけいるかで
勝負は決まるのです

 

毎日頑張って営業をしているけど、
なかなか成果が出ない。

 

仕事で悩んでいるあなたにお勧めの一冊です。

   ?

一生断られない営業法―世界トップ営業が明かす“魔法の一言”で、100の出会いが100のチャンスに変わる!